替え歌という鏡に世相を映してご覧に入れまする。           (各記事の“♪”をクリックして下さいね。)
by xxxmitaina
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
2017年 04月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
more...
カテゴリ
全体
断り口上
日銀
経済
政治
社会
スポーツ
訃報
ブログご紹介
ライブドア
日常
お知らせ
未分類
最新のコメント
厭債さん、どうもです。お..
by xxxmitaina at 00:12
ご無沙汰しております。こ..
by 厭債害債 at 07:52
gamさん、どうもです。..
by xxxmitaina at 18:51
祝カムバック。w いい..
by gam at 00:03
厭債さん、どうもです。完..
by xxxmitaina at 20:26
おおお、復活されましたか..
by scars3104 at 22:00
本石町日記さん、こちらこ..
by xxxmitaina at 18:48
ご無沙汰しております。遅..
by bank.of.japan at 00:47
自分も作りましたが、この..
by MACHA at 12:00
ワロニアのネコさん、過分..
by xxxmitaina at 21:17
ブログパーツ
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


余部鉄橋運行終了

「東洋一の鉄橋」といわれ、多くの観光客が訪れたJR山陰線の余部鉄橋が、16日の運行を最後に1世紀近い歴史に幕を閉じました。24年前には橋から列車が転落し住民が犠牲になる悲劇もありましたが、地元の象徴的な建築物として住民らの愛着は強く、地元自治体は橋脚などの一部を残し、「空の駅」と呼ぶ展望台に造り替える予定としています。
***



♪橋♪

さらば山中 さらば浜
さらば鉄橋余部の
そう もう間もなく コンクリを
脇に通して代替わり

遠くで見れば 赤い櫛
近くで見れば 華奢な塔
森や林や田や畠
後に残るは空の駅

人が自然に挑むような
鉄と景色のおもしろさ
見とれて事故を乗り越えて
早くも過ぎる一世紀


(原曲「汽車」 作詞:不詳、作曲:大和田愛羅、童謡・唱歌)
***


[PR]
by xxxmitaina | 2010-07-17 00:17 | 社会 | Comments(0)
<< 二千円札発行10周年 木村振興銀前会長逮捕 >>