替え歌という鏡に世相を映してご覧に入れまする。           (各記事の“♪”をクリックして下さいね。)
by xxxmitaina
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
2017年 04月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
more...
カテゴリ
全体
断り口上
日銀
経済
政治
社会
スポーツ
訃報
ブログご紹介
ライブドア
日常
お知らせ
未分類
最新のコメント
厭債さん、どうもです。お..
by xxxmitaina at 00:12
ご無沙汰しております。こ..
by 厭債害債 at 07:52
gamさん、どうもです。..
by xxxmitaina at 18:51
祝カムバック。w いい..
by gam at 00:03
厭債さん、どうもです。完..
by xxxmitaina at 20:26
おおお、復活されましたか..
by scars3104 at 22:00
本石町日記さん、こちらこ..
by xxxmitaina at 18:48
ご無沙汰しております。遅..
by bank.of.japan at 00:47
自分も作りましたが、この..
by MACHA at 12:00
ワロニアのネコさん、過分..
by xxxmitaina at 21:17
ブログパーツ
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


突然の悲しみ

3週間程前、私に最も歳が近く、最も親しい従兄の奥さんが、出産の際の出血多量のため亡くなってしまいました。産まれてきた子供はなんとか持ちこたえ、快方に向っているとのことでした。
葬儀に参列しましたが、瞼を腫らしてむせび泣く従兄の顔はあまりにも悲痛で、見るに耐えないものでした。これほど突然に不幸が身近に訪れたことは、私にとって何とも悲しく衝撃的で、従兄に掛ける言葉も見つからず、ただただ彼の背中を抱くばかりでした。
しかし今となっては、起こってしまった現実を受けとめて、しっかり生きていって欲しいと願うのみです。今日の1曲は、そのメッセージのつもりです。彼らには届かないけれど。
***



♪生まれて来た子供のために♪

多くの過ちが 取り返せぬように
愛する君の妻も
戻らない もう戻らない
あの人がそのたびに
許してきたように
君はその子らの 明日をまた想う
ひろい空よ 君らは今どこにいる
頼るもの 何もない
あの頃へ 帰りたい
ひろい空よ 君らは今どこにいる
生まれ来る子供たちのために
何を語ろう 何を語ろう
君よ 愛する人を守りたまえ
大きく手を拡げて
子供たちを 抱きたまえ
ひとり またひとり
みんな支えるだろう
ひとり またひとり
ひとり またひとり

健気に顔あげて 泣き濡れた目を拭い
力の続く限り
父と子で生きてゆく
その力を与えたまえ
勇気を与えたまえ


(原曲「生まれ来る子供たちのために」 作詞・作曲:小田和正、唄:オフコース)
***
[PR]
by xxxmitaina | 2006-09-21 19:58 | 日常 | Comments(5)
Commented by anne at 2006-09-22 08:19 x
身近にとても悲しいニュースがあったのですね。
従兄さん、さぞお力を落としていらっしゃる事でしょう。
従姉さんのご冥福をお祈りいたします。

私ごとで申し訳ありませんが、
15年前、長男中学3年を交通事故で亡くしました。
存命ならば昨日9月21日は30才の誕生日です。
奇しくも新総裁と同じ誕生日でした。

永遠に忘れ難い出来事ですが、
従兄さんもはやくお元気になられる事を
お祈りいたします。
Commented by SAKAKI at 2006-09-22 09:26 x
>起こってしまった現実を受けとめて・・・・
そうですよね・・。引き継がれた命を大切にと思います。
Commented by xxxmitaina at 2006-09-22 19:21
anneさん、つらいご経験をコメントにしていただき、本当にありがとうございます。ご心情を察するに余りあります。どんなに愛しい対象を失ってしまっても、自分は行き続けなければならないということが、生命あるものの悲しい宿命なのでしょう。

SAKAKIさん、ありがとうございます。引き継がれた命、それは彼ら家族にとって本当に尊い命であるはずです。大切にして欲しいものです。
Commented by やじゅん at 2006-09-22 19:48 x
それは、つらいことですね。
私もこの2年の間に身内を二人なくしました。二人とも不慮の事態であったので、残念なことでした。でも、最後まで精一杯生きてくれたと思っています。生きる時間の長さよりも、その人なりに充実して生をまっとうすることが大切なのかな、と思いました。
従兄さんが、奥様の思いとともに、これからお子様と幸せになられることを願っております。
Commented by xxxmitaina at 2006-09-22 19:57
やじゅんさん、anneさん同様につらいご経験をご紹介いただき、またあたたかいコメントも、ありがとうございます。
ありふれた表現ではありますが、出産というものがいかに神秘的で尊いものかを痛感すると同時に、それによって命を絶たれてしまった従兄の奥さんの無念を思うと、実にいたたまれなくなります。
離れた場所に住む従兄とその子供たちを、今は案じることしかできませんが、何より幸せを願わずにはいられません。
<< 安倍新体制の党役員人事、組閣へ 続・麻生総裁ならず >>