替え歌という鏡に世相を映してご覧に入れまする。           (各記事の“♪”をクリックして下さいね。)
by xxxmitaina
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
2017年 06月
2017年 04月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
more...
カテゴリ
全体
断り口上
日銀
経済
政治
社会
スポーツ
訃報
ブログご紹介
ライブドア
日常
お知らせ
未分類
最新のコメント
厭債さん、どうもです。お..
by xxxmitaina at 00:12
ご無沙汰しております。こ..
by 厭債害債 at 07:52
gamさん、どうもです。..
by xxxmitaina at 18:51
祝カムバック。w いい..
by gam at 00:03
厭債さん、どうもです。完..
by xxxmitaina at 20:26
おおお、復活されましたか..
by scars3104 at 22:00
本石町日記さん、こちらこ..
by xxxmitaina at 18:48
ご無沙汰しております。遅..
by bank.of.japan at 00:47
自分も作りましたが、この..
by MACHA at 12:00
ワロニアのネコさん、過分..
by xxxmitaina at 21:17
ブログパーツ
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


進む年賀状離れ

電子メールの普及や個人情報保護の影響などで、年賀はがきの発行枚数が年々減っているそうです。
私なんか、相変わらず書いてますんで♪
***



♪ねんがじょう♪

どうしようもない いつもしょうもない ことばかりを書き連ねて
そんな僕でもはがきを買って
どんなときも僕にはがきをくれるみんなが僕の年賀状
大切だから謹賀新年
メールできた人もたくさん もう見たくない紙の年賀
こんな僕でも見捨てなかった
こんなにも素敵な手書きのはがききてくれた

ねんがじょう(なくさないで葉書 忘れないで投函)
ねんがじょう(僕の大好きな言葉 僕の大切な人へ)
ねんがじょう(なくさないで葉書)
ねんがじょう(わすれないで投函)
ねんがじょう(僕の大好きな言葉 僕の大切な人へ)
小さな小さなこだわりでいい
僕らにずっと続きますように・・・


どうしようもない いつもしょうもない 年賀状で盛り上がって
そんな僕でもはがきを出した
どんな年も干支のためにその絵柄を決めるたびに
漢字まちがえ作り直しに
書かせてきた人の宛名 もうしたくない書き間違い
5円払えば交換できた
何よりも君に届けることができてよかった

あのはがき(怖がらずに宛名 筆で書いてみよう)
あのメール(送付された深夜 ウェブはずっと混雑)
あの人が(怖がらずに宛名)
くれたもの(筆で書いてみよう)
忘れない(送付された深夜 ウェブはずっと混雑)
大きな大きな賀状だけで
気持ちはきっと届けられるんだ


訳もなくはがき減っていくけど メールばかりではないんだ
郵便配達がきっと届けてくれるから

ねんがじょう
ねんがじょう
ねんがじょう
ねんがじょう
ねんがじょう

小さな小さなこだわりでいい
僕らにずっと続きますように・・・

あのはがき(怖がらずに宛名 筆で書いてみよう)
あのメール(送付された深夜 ウェブはずっと混雑)
あの人が(怖がらずに宛名)
くれたもの(筆で書いてみよう)
忘れない(送付された深夜 ウェブはずっと混雑)
大きな大きな賀状だけで
気持ちはきっと届けられるんだ

大事な人へ ねんがじょう


(原曲「ありがとう」 作詞・作曲:MORISHIN'S、唄:SMAP)
***

25日までに投函すれば元旦に届くとか。お早めに〒(もう遅いか・笑)。
[PR]
by xxxmitaina | 2006-12-25 00:02 | 社会 | Comments(3)
Commented by アンヌ at 2006-12-26 01:11 x
私も!いまだ書けていませんが毎年手書きです。
年賀状わたしにも下さいナ。。
Commented by xxxmitaina at 2006-12-27 00:25
アンヌさん、こんにちは。やっぱり手書きだと時間かかりますよね(言い訳)。今年は特に干支で工夫がしづらくて(爆)。
え?年賀状差し上げてよろしいので?でもさすがにHNでは出せないしなぁ(笑)。
Commented by Hache at 2006-12-30 12:31 x
歌心に反して宛名の手書きは、初めて断念しました。二行程度、文章を書いているので、これで許してというところでしょうか。毎年、じわじわ増えて、しかも、今年までに頂いた達筆な方の年賀状をあらためて見ると、情けなくなります。迂闊にも、はがきを少なめにしたので、1割程度、ミスをする私にはシビアな作業でした。すべての作業を終えて新年を迎えることができまする。

…。なにを書いているのかだんだん自分でもわからなくなりましたが、大御所のブログまで出張して「寝言」を書くなと思います。

よいお年を!
<< ディープインパクト、有終の美 カンニング・中島さん死去 >>