替え歌という鏡に世相を映してご覧に入れまする。           (各記事の“♪”をクリックして下さいね。)
by xxxmitaina
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


量的緩和政策って日本だけ?

(2005年6月24日「本石町日記」より)



♪世界にひとつだけの国♪
(SMAP=Sustainable Monetary Adequate Policy)

No.1にならなくてもいい もともと日銀はOnly one

端末の画面に並んだ いろんなオペを見ていた
先それぞれ好みはあるけど どれもみんな札割れだね

当預目標はどこが適当かなんて 争うこともしないで
下限維持のためだけに ちゃんとオペを打っている

それなのに政策委員は どうして目標下げたがる?
景気は踊り場なのにその中で 引き締めにさせたがる?

そうさ日本は 世界にひとつだけの国
金利はゼロ 財政破綻寸前
国債を買い切ることだけに 一生懸命になればいい

困ったように笑いながら ずっと迷ってる執行部
がんばって延ばしたエンドはどれも 期越えだから仕方ないね

やっと落札してきた オペ先が抱えていた
ありあまるほどの札束と 苦しそうな運用

不胎化もしなかったけれど あの日MOFに笑顔をくれた
誰も気づかないような場所で 買ってたドルのように

そうさ日本も 世界にひとつだけの国
売った円は 市中残になるから
そのカネを維持することだけに 一生懸命になればいい

低い金利や高い金利 ひとつとして円金利にはないから
No.1にならなくてもいい 中央銀行はOnly one


(原曲「世界にひとつだけの花」 作詞・作曲:槇原敬之、唄:SMAP)
***
[PR]
by xxxmitaina | 2005-06-24 00:35 | 日銀 | Comments(0)
<< 緩和解除を煽ってみる① 哀しき短期市場 >>